夏の終わり、「優しい君が。」